医局

【院長】藤田 正俊(ふじた まさとし)

専門分野 循環器内科
経歴 京都大学医学博士(昭和57年取得) 
京都大学名誉教授
日本循環器学会特別会員 
日本心不全学会名誉会員
コメント 循環器疾患だけでなく、長年の臨床経験を生かし、様々な内科疾患を有する患者さんの診療にあたっています。
患者さんの立場を重視した、信頼される医療を提供できるよう心がけています。

【副院長】李 鍾大(り しょうだい)

専門分野 循環器内科
資格等 日本内科学会認定内科医 
日本循環器学会認定循環器専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本心臓病学会 心臓病上級臨床医(FJCC) 
日本医師会認定産業医
経歴 京都大学医学博士(昭和61年取得) 
福井大学名誉教授
コメント 循環器疾患が中心ですが、内科全般の診療を担当しています。
この地域の医療・介護に携わる方々との連携を大切にし、患者さんのお役に立てるよう努めています。

【副院長】南 祐仁(みなみ まさひと)

専門分野 消化器内科
資格等 日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本消化器病学会専門医、指導医
日本肝臓学会専門医、指導医
経歴 京都府立医科大学医学博士(平成5年取得)
京都府立医科大学臨床教授
コメント 大学病院、公立病院、市中病院など、さまざまな環境で消化器、肝疾患の診療を中心に従事してきました。
B型肝炎、C型肝炎、自己免疫性肝炎などは、京都府立医科大学勤務のころから15年以上経過を見ている方もいらっしゃいます。
地域の住民、医療関係者の皆様から消化器疾患のプライマリケア医として、ご用命いただければ幸甚です。

【副院長 兼 診療部長】平岡 勇二(ひらおか ゆうじ)

専門分野 循環器内科
資格等 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心臓病学会 心臓病上級臨床医(FJCC)
経歴 富山医科薬科大学(現富山大学医学部)医学博士(平成5年取得)
コメント 専門は循環器(心臓・血管等)でペースメーカー外来も担当しています。
宇治病院の医療レベル向上に少しでもお役にたてるよう日々の診療業務を行っています。
今後も、患者さん・御家族との信頼関係の構築に励み、最適な医療が提供できるよう自己研鑽を怠らず日々尽力し、皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

【脳神経内科部長】大井 長和(おおい たけかず)

専門分野 脳神経内科
資格等 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本神経学会指導医
日本神経眼科学会神経眼科相談医
経歴 京都大学医学博士(昭和56年取得)
京都大学医学部臨床教授(脳神経内科)
コメント 神経疾患のみならず、多数の疾患にかかっている高齢者の診療をしっかりと実践をしていきたいと思います。
公立病院で初期研修、大学病院で専門医研修を受け、その後、神経成長因子の研究、アメリカ、カナダで脳神経内科の臨床を学び、大学病院、一般病院で臨床経験を積んだ成果を生かしていきます。
問題意識をもって、若い先生と一緒に診療を行い、学会などで他院の医師から学ぶ機会を作って医療の質の向上を図りたいと考えています。

【外科部長】安東 勝宏(あんどう かつひろ)

専門分野 外科
資格等 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
経歴 京都大学医学博士(平成4年取得)
コメント 公立、公的病院で、主に消化器領域の癌手術、救急疾患に携わってまいりました。
当院では、外科手術に対応できませんが、今までの経験を活かし、消化器の術後患者さんや、経口摂取に問題を抱えた患者さんの手助けができればと考えております。

【内科部長】井田 達也(いだ たつや)

専門分野 内科
資格等 日本内科学会認定内科医
経歴 京都大学医学博士(昭和63年取得)
コメント もともと、糖尿病専門医として診療に従事しておりました。最近は徐々に内科全般にシフトし、糖尿病の症例に接する機会が減り、糖尿病専門医の資格を返上しました。
今後は、内科全般の診療に尽力し、地域医療に貢献したいと考えております。

【泌尿器科部長】岡本 圭生(おかもと けいせい)

専門分野 泌尿器科
資格等 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医
経歴 京都大学医学博士(平成9年取得)
滋賀医科大学特任教授
コメント 私は前職滋賀医科大学において前立腺癌小線源治療に特化した講座の特任教授として
”前立腺がん患者さんとご家族にとっての切なる希望である再発のない前立腺癌治療の確立と普及”のために活動してまいりました。
特に1200名を超える前立腺がん患者の方に対する小線源治療の施術実績があります。
宇治病院においても近日中に多くの患者さんが待望されている小線源治療を開始できるよう病院と協力して準備を進めております。
前立腺がんの診断や治療でお悩みの方は遠慮なくご相談いただければ幸いです。

【整形外科統括部長】栂野 弘毅(とがの こうき)

専門分野 整形外科
資格等 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
コメント 整形外科の中でも専門性を持たず、全体的にみることができるジェネラリストを目指して診察に臨んでいます。
変形性関節症などの慢性疾患から骨折・捻挫などの急性疾患、骨粗鬆症や関節リウマチなど幅広く疾患に対応し、また褥瘡(とこずれ)などの創傷も相談に応じます。
約10年前から超音波(エコー)も診察に使用し、診断・治療に役立てており、ここ数年注目されているハイドロリリース(筋膜リリース)も行っています。

【整形外科部長】村上 啓司(むらかみ けいじ)

専門分野 整形外科
資格等 日本整形外科学会整形外科専門医

【脳神経内科 医員】佐藤 啓(さとう けい)

専門分野 脳神経内科
資格等 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本臨床神経生理学会専門医(脳波分野)
コメント 研修医の頃、指導医から、診療は問診でそのほとんどが決まるとよく言われました。検査はどんどん進歩して、多くの問題を解決し、あるべき方向へ導いてくれます。
しかし、やはり、患者さんの言葉と症状こそが、最大の羅針盤です。
認知症のような疾患は特にそうだと思います。患者さん一人ひとりとよく話し、診察しながら、これで良いという方向を見つけて一歩一歩進むように治療を行っていくことができれば良いと思っています。

【内科 医員】東前 伊織(ひがしまえ いおり)

専門分野 内科、精神科
資格等 日本内科学会認定内科医
精神保健指定医
日本医師会認定産業医
コメント ご高齢の患者さんは複数の慢性疾患に罹患されていることも多く、最近ではポリファーマシーが問題となっています。
ポリファーマシーは、単に服用する薬剤数が多いこと(多剤服用)ではなく、それに関連して薬物有害事象のリスク増加、服薬過誤、服薬アドヒアランス低下等の問題につながる状態と言われています。
日々の診療ではポリファーマシーにならぬよう心がけています。

【脳神経内科 医員】林 紗葵(はやし さき)

専門分野 脳神経内科
資格等 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
コメント 脳神経内科の林と申します。京都市立病院で初期研修、脳神経内科の後期研修をし、脳神経内科専門医を取得しました。当科では適宜大学病院や急性期病院と連携を取りながら、内科全般及び脳神経内科の専門的な診療を行っております。現在、新型コロナウイルス感染症の流行のため入院患者さんとは面会禁止となっており、その分大きな変化があれば電話連絡をし、分かりやすい説明をするように心がけています。よろしくお願い致します。
ページ上部へ